2015/08/31
宇都宮を中心に活発化!?サラリーマンの不動産投資は「一棟買い」が主流?
このエントリーをはてなブックマークに追加


割安感のある地方都市の物件を狙う投資家

資産運用や老後の生活資金、節税対策のためにアパートやマンションに投資する動きが地方都市でも活発化している。中でも首都圏の企業に勤務しているサラリーマンが中古マンション・アパートを一棟購入するといったケースが近年、宇都宮市を中心に目立つという。東京都をはじめとする大都市圏の不動産投資の波が北関東エリアにも波及しているようだ。


その理由はさまざまだが、東京オリンピック決定後、東京都内の物件価格が割高になったことは否めない。しかし、賃料は上げられないため、もちろん利回りは下がる。投資額に対してのリターンが思った以上にならないのであれば、割安感のある地方に目を向ける投資家も多いのは当然だ。


不動産投資の主流は「一棟買い」

不動産投資と一口に言っても区分所有のワンルームマンションへ投資をする人もいれば、アパートや賃貸マンションの一棟へ投資をする人もいる。ここ1、2年の流れからいえば、株価が上がった影響もあり、中古マンション・アパートの一棟買いが多い。

投資家は東京都内の上場企業で管理職に携わっている人を中心とした会社員が目立ち、リフォームやリノベーションを施して物件の付加価値を高めることで家賃収入を得ているのだ。

地価下落エリアでも宇都宮を選ぶ理由

栃木県宇都宮市の土地価格総平均は、平米単位で平均75,731円/m2(2014年)、坪単価では平均250,353円/坪となっている。全国順位は250位/1731市町村で、前年からの変動率は-1.60%となっており、全国順位は702位/1731市町村だ。


公示地価は平均77,218円/m2(2015年)、坪単価では平均255,267円/坪で、前年からの変動率は-0.63%。調査地価(基準地価)は平均73,883円/m2(2014年)、坪単価では平均244,241円/坪で、前年からの変動率は-1.30%となっている。


また、宅地の平均地価は57,780円/m2、坪単価では191,008円/坪、変動率は-1.36%(2014年)だ。商業地の平均地価は135,336円/m2、坪単位では447,393円/坪、変動率は-4.08%(2014年)となっている。宇都宮市の最も高額地点は「宇都宮市池上町1番3」(325,000円/m2)で、最も低価格地点は「宇都宮市新里町丁字屋敷東1495番2外」(3,200円/m2)だ。


宇都宮市全体で見ると地価が下落または、横ばいが続くエリアは多い。

それにも関わらず投資先エリアとして宇都宮が選ばれる理由は、「都心のマンション1室の価格でアパート一棟が買えるから」と言われている。

また、東京都内から新幹線ですぐ行ける距離なため管理しやすい点もメリットになるのだろう。

確かに首都圏よりは人口流入は少ない。しかし、宇都宮は事業所が多い分、転入者もいるので賃貸需要もあることから積極的に不動産投資をする人がいると思われる。

地方都市の収益物件へ投資する人が増加?

投資先として地方都市を選択する投資家も少なくないため、宇都宮を選択することは珍しいことではない。

首都圏から近い北関東エリアはもちろんだが、最近では札幌市や仙台市、名古屋市、福岡市といったエリアでも積極的に不動産投資を行う投資家が多い。

全国各地の駅前周辺エリアの再開発がきっかけとなり、再び街全体が変化しようとしている場所もある。そのようなエリアを狙って収益物件を探している人も少なくないため、今は地価下落している地域でもこれから活発に投資用不動産が流通することが想定される。以下に地方都市についての記事を紹介しておくので参考にしてみてほしい。


平成27年路線価の公表と主要都市(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌)の不動産市況 

大阪駅周辺の再開発が過熱!期待が高まる「うめきた」と「ミナミ」の展望

名古屋駅周辺の再開発が一気に加速!将来有望な街として期待が高まる「名古屋」

杜の都仙台駅東口の再開発をはじめとした「仙台の未来予想図」


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連タグ
(ファミリーオフィス編集部)

キーワード検索

タグ一覧
タグを全て表示 »
« タグを隠す