2015/07/29
不動産オーナーが抱える「空室・入居者トラブル・修繕」の悩みが解決できる方法!?
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラブルを回避した不動産投資をしよう
不動産投資は「収益物件に投資をしたら終わり」ではなく、エグジットするまで物件を保有することで収益を得る長期的な投資が基本の手法となる金融商品だ。
そのため、運用している期間に様々な問題に直面する不動産オーナーは少なくない。

例えば、なかなか空室が埋まらず思うように収益が得られていない投資家や、従来から「居住者同士の近隣トラブル」「保証会社との家賃滞納トラブル」などトラブルが絶えず頭を抱えている人も多い。
今回は、そんな賃貸経営にまつわるオーナーの悩みの種が解消されるよう、参考となる方法を紹介する。

「空室率」が最大の悩みではない!?
人口減少・人口格差の加速により、今でこそ空室率についての悩みが賃貸経営する上で最大の課題になっているが、以前は違う点が問題視されていた。

例えば、「入居者による家賃の滞納」が一番悩みの種だった時代もある。今でもこの問題は絶えず、困り果てる不動産オーナーも少なくないが、弁護士や滞納処理専門業者などの専門家を味方に付けて裁判を提起し、問題解決する人も増えてきた。
さらには、「入居者による室内の汚損」や「入居者のごみ出しマナーのトラブル」など空室率よりも入居者トラブルに悩まされたという不動産オーナーは今でも多いというデータがある。
このようなトラブル関係は、先述したように、士業や不動産会社、管理会社の協力により解決される事が大半だ。
多くの投資家を悩ませる「賃貸経営コスト」
先述した「入居者による室内の汚損」も含めて入居者が退去した際のコストについて悩む人は多い。
まずは、賃貸した部屋の原状回復にかかるコストだが、室内の破損が経年劣化ではない場合、想定以上のコストがかかる場合も少なくない。
敷金で賄えるのであれば良いが、定期的に行う日々の修繕費や時期が来れば大規模修繕もしなければならず、運用コストについての悩みは未だに多くの投資家を悩ませていることだろう。

その他にも入居者を再募集するための広告費も必要になるため、この修繕にあまりコストをかけたくないと思っている不動産オーナーも存在する。
しかし、この経費を少なく見積もって賃貸経営をすれば不動産投資自体が失敗に終わってしまうので最善の選択が必要になるだろう。
トータル的に考えた不動産投資が重要
多くの投資家は、物件選別・購入は不動産会社で行い、管理会社もコストパフォーマンスが高い会社へ委託し、トラブルが起きた時点で弁護士や税理士を探し、売却する際に不動産会社を再度探すといった効率が悪く経費がかさむ方法で不動産投資を行っているのが主な原因と言える。

これらの解決策として得策なのは、物件選別からトラブル解決、そしてエグジットまでのトータルサポートが可能な状況を最初から作っておくことだ。何かトラブル等が発生してから準備するのではあまりにも遅く、リスク管理として考慮しておくことが重要なポイントとなる。

また、空室率を改善する一番効果的な方法は、『不動産オーナー必見!地域の実情に即した適切な手法で空室率を下げる』でも話しているが、移り変わる時代に合わせた「部屋作り」に加えて、居住者のニーズを把握しそれに合わせた施策を施すことに他ならない。

不動産投資も「経営」であり、自らが中心となってオリジナルの「不動産投資チーム」を作り、収益物件へ投資をする事が成功へ近づく道となるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連タグ
(ファミリーオフィス編集部)

キーワード検索

タグ一覧
タグを全て表示 »
« タグを隠す