2015/05/18
地価上昇エリアとして注目!ブランド価値が高い東急東横線沿いで不動産投資をする
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブランド価値が高い東急東横線
「住んでみたい沿線ランキング」等で毎年必ず上位に食い込む「東急東横線」。
渋谷〜横浜を1本で繋いでいるだけでも魅力的なこの路線は通勤・通学に便利という点も好評だ。
メリットとして利便性が良いというだけでなく、個性溢れる魅力的な街が揃っているのもこの路線の人気の理由となる。代官山・中目黒・自由が丘などのおしゃれな街もあれば、学芸大学・田園調布・武蔵小杉・日吉といった住宅地も存在するのだ。
東横線の利便性は極めて高く、たった24kmしかない東横線の区間にJR線や東京メトロ等の主要路線との接続があり、都心部はもちろんのこと横浜方面にも乗り換えなしで行くことができる。「一度は住んでみたい路線」と言われているのもうなずけるほどだ。

【SUUMO】2014年関東編 沿線別住みたい街ランキング
【マイナビ賃貸】人気の路線は何線?住んでみたい東京都の沿線を大調査!

東急東横線の地価上昇は今後も続く?
2014年(平成26年)の東急東横線沿線の地価平均は、平米単位で平均90万28円/m2、坪単価では平均297万5301円/坪となっている。
前年(2013年)からの変動率は+3.02%。
その中でも特に注目すべき点は「武蔵小杉駅周辺の上昇率」だ。

川崎市中原区新丸子町は+8.73%、川崎市中原区小杉町3丁目は+11.43%、川崎市中原区新丸子東2丁目は+13.33%と駅周辺エリアは軒並み上昇している。
2017年まで再開発が続く武蔵小杉は、マンションや公共施設、その他の整備が続く予定で、街が活気に溢れている。2013年の公示地価では、住宅地の地価で長らく神奈川県下でトップだった横浜市中区山手町を抜き、神奈川県トップになっているほどだ。マンションの分譲価格では湾岸の豊洲を抜き、都心並みの価格をつける例もあるから驚きだ。

今からこの武蔵小杉エリアの不動産へ投資をするというのはあまりおすすめしない。しかし、このようなケースを参考にし、これから発展しそうな東横線沿いエリアを探ると良いだろう。その点も含めて東横線沿いの注目エリアを紹介する。
東横線の注目エリア
【1. 渋谷】
新宿、池袋と並ぶ首都圏の一大ターミナル渋谷。JRの山手線、埼京線、東京メトロ銀座線に半蔵門線、京王井の頭線、東急東横線と田園都市線が交差し利便性が高く、首都圏有数の繁華街である。
現在行われている再開発も2026年まで続くと言われており街全体の大きな変化に期待せずにいはいられない。さらなる地価上昇と資産価値の安定性が見込めるだろう。

【2. 学芸大学】
活気ある商店街と静かな住宅街が隣り合う学芸大学。目黒通り、駒沢通りといった幹線道路から少し入っているため、個人商店中心という状況だ。
目黒通り、駒沢通りを越したエリアは静かな住宅街となっており、西側の世田谷区下馬、東側の目黒区碑文谷ともに低層マンション、一戸建てが中心でいずれもブランド力のある住宅地として知られている。
渋谷からも近く、交通の便と生活のしやすさから賃貸ニーズの絶えない街だ。特に碑文谷側は桜並木も有名で、駅からは多少距離はあるが、それ以上に住環境が魅力のエリアと言える。

【3. 自由が丘】
女性に人気の街、自由が丘は、商店街が頑張る街としても知られている。
10月に開催されている女神祭りは最大規模のイベントだが、それ以外にも街の商店街が一致団結して行う様々なイベントがあり、活気が町中に溢れ、魅力的な街と言える。
毎年、住みたい街ランキングの上位に入る自由が丘は、駅から離れている古い物件でも人気である。ここに住みたい人のニーズを満たすほど今後も期待が持てる街なのかもしれない。

【4. 新丸子】
再開発で賑わう武蔵小杉から500mほどしか離れていない新丸子は、昭和の雰囲気を残した気取らない雰囲気が特徴の街だ。
武蔵小杉と違い、住宅と商店街がセットになって発展してきた街のため、住宅供給はあまり多くはない。
ただ、街中にはいくつか駐車場になっている土地が残っているところもあり、今後は大きな物件が出ないとも言い切れないだろう。隣が武蔵小杉ともなれば、住宅価格は予想以上にお得感が感じられるほど「穴場なエリア」と言える。

【5. 日吉】
通勤・通学のアクセス抜群であり、学生街も魅力あるエリアの日吉は、東横線・目黒線・横浜市営地下鉄のグリーンラインが乗り入れ、都内や横浜中心部、港北ニュータウンへ通じている。
もともと東横線の急行や通勤特急の停車駅でもあり、東横線では渋谷駅、目黒線では目黒駅までいずれも約20分と通勤・通学への利便性に優れている。都心の主要オフィス街へは路線を使い分けることでほぼ、どこへでもできるようになった。
また、日吉駅は2019年4月に相鉄線との相互乗り入れ直通運転が予定されており、ますます交通の利便性が高まるだろう。それだけで魅力的な街と言える日吉だが、駅周辺には慶應義塾大学の日吉キャンパスをはじめ、私立の中学・高校や専門学校など多くの学校があり、学生向けのお店や飲食店が多いことがこの街の特徴だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


(ファミリーオフィス編集部)

キーワード検索

タグ一覧
タグを全て表示 »
« タグを隠す