2015/11/30
遺産相続時に重要な役割を果たす「不動産登記」の重要性
このエントリーをはてなブックマークに追加


遺産相続と不動産登記の関係

遺産相続にとって不動産登記は、とても重要な役割を果たす存在となる。遺産相続とは、亡くなった人の遺産を相続人が受け取ることを指す。

遺産相続で土地や家を受け取るということは、不動産登記によって相続した土地や家を、自分の名義にするということを意味するのである。

そして、遺産相続で得た土地や家の不動産登記は、必ずやっておいたほうが良いと言えるのだ。

今回は、相続時に役立つ知恵として、なぜ不動産登記をするべきなのか。また、相続時の不動産トラブルの事例などを紹介する。


遺産相続の不動産登記は義務なの?

不動産登記には、絶対にやらなければならないという法律上の義務はない。

そのため、相続によって受け取った土地や家の名義を変更せずに、亡くなった人のままにしておいても良いのだ。亡くなった人の名義のまま、その家にずっと住み続けることも可能である。

それゆえ日本には、明治時代に亡くなった人の名義のままの土地が、たくさん存在しているほどだ。また、その土地で農業を営んでいたり、新しい家を建てて住んでいる人も少なくない。

「不動産登記」をしなければ相続時にトラブルになる可能性が高い

不動産登記に法律上の義務はなく、昔の名義のままでもずっと使い続けることができるなら、不動産登記にそれほど意味がないように思える。そもそも相続の不動産登記は戸籍謄本をそろえるなど、それなりに手間ひまのかかるもの。

では、なぜ大変な思いをしてまで、不動産登記をするのだろうか。

それは、不動産登記をしなかったばっかりに「相続トラブル」になるケースが多発しているからに他ならない。


不動産登記とは、第三者対抗要件と言われている。第三者対抗要件とは、不動産登記をしていなければその土地を他人に対して「自分の物」と主張できないということだ。

つまり、不動産登記をせずにその土地を自分の物だと言っても、別の他人がその土地の不動産登記をしていれば、その土地は他人のものとみなされるのだ。

たとえ他人が、何かの間違いで自分が買ったものだからと登記をしてしまえば、その土地は「永久に他人の物」となる。


自分が相続で取得した土地であることを間違いないと裁判で主張して認められても、土地は絶対に返してもらえないのだ。

このように、不動産登記は「登記を先にしたものが強い」という事は覚えておくと良いだろう。

問題が起きてからでは遅い!不動産登記は必ずしよう

遺産相続で不動産登記をしなくても、法律違反にはならない。

しかし、遺産相続で不動産登記をしないと、何かトラブルが起きた時に、自分の物だと主張することが不可能になる。

また、古くなった土地や家を売ったり手放したりするときは、不動産の名義が生きている人間の名義になっていなければならない。相続した不動産をあまりに昔の人の名義のまま放っておくと、不動産を処分しようと思っても身動きが取れなくなることもある。

不動産を処分したくても身動きが取れず、固定資産税の支払い義務ばかりかかってしまい、困っている人も実は少なくない。そうならないように、不動産登記をした方が賢明と言える。


ファミリーオフィスで「相続不動産」の専門家を探してみる


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連タグ
(ファミリーオフィス編集部)

キーワード検索

タグ一覧
タグを全て表示 »
« タグを隠す