2015/11/12
新たな不動産投資のスタンダードとなりつつある「Airbnb不動産投資」に最適なツールが登場?
このエントリーをはてなブックマークに追加


新たな不動産投資のスタンダード「Airbnb不動産投資」

以前、『空家・空室の不動産オーナーも利用している!?「Airbnb」のメリット・デメリット』や『「Airbnb」が空家・空室問題を解消する術になる!?いま話題のAirbnbの実態とは』で紹介した「Airbnb」を使った不動産投資法が、ここにきて再び注目されている。

その理由は、世界最大の民泊マッチングサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」を使った不動産投資に関する様々な疑問・悩みについて、LINEで無料相談できるサービスが開始されたからだ。

株式会社グラティアンスが開始したこのサービスは、「少額でも始められる、新しい不動産投資」のスタイルを確立することを理想としている。


LINEで無料相談!Airbnbで不動産投資


「LINEで無料相談!Airbnbで不動産投資」

この「LINEで無料相談!Airbnbで不動産投資」は、これからAirbnbで不動産投資を始めたい方、既に始めている方を対象にした無料相談サービスとなっており、たとえば、下記のような悩みなど、多種多様な相談についてLINEで無料対応してくれる。


・Airbnbを始めたいけど、何から初めていいのか分からない・・・

・賃貸でAirbnb用の物件を借りたいけど、物件オーナーの承認がもらえない・・・

・Airbnbを使えば、手持ちの賃貸物件で空室対策や収益アップができるの?

・Airbnbって、旅館業法に反していて違法って聞いたけど、本当?

・Airbnbを始めたんだけど、思ったように集客できない・・・

・本業があるので、問い合わせ対応や鍵の受け渡し、清掃の対応時間がない

・そもそも、Airbnbって本当に儲かるの?

「LINEで無料相談!Airbnbで不動産投資」の特徴

【1】ボタンひとつで、いつでも無料相談が可能

このサービスのLINE@アカウント(@gratiance)を「友だち」登録するだけで、すぐに相談をすることが可能だ。24時間365日、仕事の合間など、都合のいい時間に無料相談することができる。


【2】相談はLINEするだけ、特別な操作は不要

LINEにメッセするだけで簡単に相談が可能なため、特別な操作は不要となる。

高まるニーズ!Airbnbを使った不動産投資

アベノミクスによる円安やビザの緩和、国土交通省が推進する「訪日旅行促進事業(ビジット・ジャパン事業)」の結果、訪日旅行者が急増。2014年には1,341万人を記録し、2015年には1,800万人の訪日が予想されている。今後は2020年に向けて、訪日者数2,000万人を目指した中長期戦略を策定し、更なる増加が見込まれている。


その反面、ホテル不足が深刻化しており、客室稼働率は全国平均80%を常に超えるという、近年まれに見る最高水準となっている。

そのホテル不足による宿泊ニーズが、以前からの副業ブームとも重なり、「Airbnb」を利用して訪日旅行者を宿泊させる日本人が急増しているのだ。国内の登録件数は、開始わずか2年で8,000件を超えた。


一方、旅館業法に抵触する物件契約など、社会的な議論にもなっていたが、東京・大田区や大阪府における2015年中の民泊許可の条例可決など、国や自治体も積極的に支援する動きが始まっているという背景があるため、ますますこのようなサービスの需要は高まるだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連タグ
(ファミリーオフィス編集部)

キーワード検索

タグ一覧
タグを全て表示 »
« タグを隠す