2015/04/21
今から不動産投資を始めるなら!スタートに最適な時期やポイントは?
このエントリーをはてなブックマークに追加


不動産投資を始めるなら「今」が最適
不動産投資は他の金融商品よりも比較的に値動きがゆるやかで安定している。
投資金額が大きい点も含めて物件選定や投資場所、ローンについて等をじっくりと検討するのが得策だ。しかし、理想とする物件情報を得た時に即行動できるよう以下の4つのポイントを参考にしながら今から「準備」をしておく事が肝心だ。

成功させるための4つのポイント
【1. 購入可能な物件の認識】
自分の属性(年収、職業など)からどれくらいの融資が可能なのか、どのような物件が購入可能なのか把握しておく事は重要だ。
資産状況、物件、金融機関で変わってくるが、現実にローンが組めずに購入不可となったケースは多く存在する。不動産投資はあくまでも投資であり、利益を求める事は当たり前だ。安定したキャッシュフローを構築するにはどの物件が最適であり、また、利回りは何%以上の運用をすれば良いのかなど、具体的にイメージできるようにしておくべきだろう。

【2. 自己資金の準備】
レバレッジを効かせるためにローンを活用するのは常套手段なのだが、投資対象物件や自身の属性によって自己資金をいくら入れなければならないかをまずは把握しておかなければならない。
例えば、一棟収益不動産に投資をする場合は、購入金額の1割は最低限用意すべきと言える。
融資評価には「職種」や「年収」などの属性が関係してくる。不動産投資の準備段階として、どの程度の自己資金が用意できるのかを収入とのバランスを見ながら考えておかなければならない。

【3. 場所の選定】
投資場所を間違えてしまうと人口減少や人口格差の激しい地域では空室を避けられない事態になってしまう。空室は収益に多大なる影響をもたらすため、場所の選定は慎重に行うべきだ。
国内外問わず、地元民でしか知らないような事も含めて詳細な情報収集が肝となる。
自分自身で現地へ出向き肌で町の雰囲気や住民の人柄等を感じる事も必要になるが、時間短縮のためにも不動産投資の専門家に相談する事も想定しておくべきだろう。
不動産投資に欠かせないのは「居住者」。つまり人であるから、どのエリアに人が集まっているのかなど将来を予測する判断力も必要になる。

【4. 投資タイミングの見極め】
場所の選定と同様に「投資タイミングの見極め」も重要なポイントになる。
社会情勢や政治政策、日本経済の発展・衰退など時代の変化を捉えながら情報収集するべきである。
例えば、毎年のように税制改正が行われている事や将来的に消費増税される点も含めて考慮する必要がある。「投資する時期が来た」と決断するには、判断材料として十分な情報を精査する事も肝心になる。日々、信頼できる情報元から不動産投資の情報を得ることが重要なポイントになるだろう。
不動産投資に関わる一連の流れを確立せよ
日頃から情報収集が必要だといっても、処理しきれないほどの情報が溢れている現代。
氾濫する情報を全てキャッチしていては混乱する。そうならないためにも、「誰からどのような情報を得て誰に相談するか」がとても重要になる。
信頼が置ける不動産会社に物件紹介をしてもらい、不動産鑑定士や税理士等のに独自の調査をしてもらった後に低金利で融資してもらえる金融機関に打診する等、一連の流れを確立するのは今後の不動産投資には欠かせない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


(ファミリーオフィス編集部)

キーワード検索

タグ一覧
タグを全て表示 »
« タグを隠す