2015/09/12
不動産投資セミナーに参加する前に確認しておきたいポイント4選
このエントリーをはてなブックマークに追加


不動産投資セミナーのポイント

不動産投資を検討される際に、情報収集として不動産投資のセミナーに参加しようかと考える人は少なくない。しかし、不動産投資と一言で言っても、一棟マンション、一棟アパート、区分マンションなど様々な種類があり、それと同様に不動産投資セミナーも数多く存在する。その結果、どの不動産投資セミナーを選んだらいいのかと悩むことだろう。


そこで今回は、「不動産投資セミナーに参加する前に確認しておきたいポイント」を紹介する。

ポイントを掴んだうえで不動産投資セミナーに参加すると、より効率よく情報取集ができるようになるはずだ。


不動産投資セミナーの選び方

不動産投資セミナーと一口にいっても、その種類は数多くある。

ほとんどの不動産投資セミナーは、不動産会社が無料で開催するセミナーが大半だ。

そこで、まず見極める必要があるのは、「どのような講師が話すのか」また、「どういった内容のセミナーなのか」という部分だ。主催する不動産会社の社員が話すのもあれば、講師として弁護士や税理士、不動産投資で成功している投資家といったいわゆる「専門家」が話すセミナーもある。さらには、どのような不動産投資について話すのかを知る必要もある。


最近では、「不動産を活用した節税・相続税対策」についてのセミナーが多く開催されており、また、「海外不動産投資」についてのセミナーも増えている状況だ。

選び方のコツとしては、あなたの「目的に合ったセミナーを選ぶ」のが正しい選択となる。

目的に合ったセミナーへ参加しよう

あなたの目的に合ったセミナーへ参加する必要があると言ったが、そもそも、どのような目的で不動産投資セミナーへ参加している人が多いのだろうか。例を挙げてみよう。


【ケース1】資産形成

これから投資用不動産で利益を得るための成功ノウハウを求めてセミナーに参加する。不動産投資の初心者も少なくない。


【ケース2】所得・住民税の節税


サラリーマン大家として不動産投資をすでにしている人が多い。そのため、不動産を活用した節税方法を得たいと思っている。

【ケース3】相続税対策


資産家や地主、高所得者等の人が参加する傾向にある。最近では相続税の改正にともない、今後、相続する財産があることが想定されている人の参加率も上がってきている。


【ケース4】海外不動産取得

最近、国内だけでなく東南アジア等の新興国やアメリカ本土、ハワイ等の海外不動産へ投資する人が増加している。なぜなら、海外の不動産等へ資産を分散しようとする傾向にあるためだ。


【ケース5】賃貸経営トラブル

すでに収益物件を経営しているが、経営している中でトラブルが発生したり、また、キャッシュフローが思うように回らないため、何か対策を施したいと考えている投資家のために開催されているのがこのような不動産投資セミナーになる。弁護士が講師として話すことも多い。


上記に挙げた例はごく一部であり、その他に、「投資家同士で話す機会を得たい」という不動産オーナーも実際に存在する。

投資対象物件別の不動産投資セミナー

すでに「一棟収益物件」「区分所有マンション」「商業ビル」「一棟アパート」等の投資対象物件を選別している人は、対象物件のノウハウが詰まった専門的なセミナーへ参加するのがベストと言える。

なぜなら、不動産投資といっても手法やテクニックは千差万別であり、間違った方法で不動産投資を行っても成功するはずがないからだ。


最近では、「一棟収益物件」に特化した投資法のノウハウが詰まった不動産投資セミナーへ参加する投資家が増えており、その目的が「資産形成」や「相続税対策」が多いからと思われる。

「無料セミナー」と「有料セミナー」の違い

不動産投資セミナーについて「無料セミナーと有料セミナーの違いってなんですか?」という疑問を持っている人は少なくない。

その違いを簡単に言うと、セミナーの「内容の濃さ」と「集まる人の質」が違う。

料金を支払ってまで参加して成功のヒントを得ようとする人が集まると、開催している側も本気にならざるを得なくなり、結果的に「内容が濃くなる」のだ。

その後に開催される懇親会もまた、不動産投資ですでに成功している人が隣に座ったりするため無料のセミナーでは得られない情報が収集できたりするため、あえて有料セミナーへ参加する人もいる。


是非とも、不動産投資セミナーへ参加する際に参考にしてみてほしい。


【いま開催している不動産投資セミナーを見てみる】

不動産投資セミナー一覧はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加


(ファミリーオフィス編集部)

キーワード検索

タグ一覧
タグを全て表示 »
« タグを隠す